カマグラゴールドの効果を最大限に得る服用方法・副作用を弱める服用方法

カマグラゴールドは正しい服用方法で服用すると、きちんと効果を得られます。

しかし人によっては、効果が薄かったり副作用が強く出てしまったりする場合もあります。

そういった場合のために、カマグラゴールドの効果を最大限に得る服用方法と副作用を弱める服用方法を知っておきましょう。

最大限に効果を得よう

用法用量を守って服用しても、なかなか思うような効果が得られないという人もいるはずです。
そういった人は、現段階で副作用がないもしくは副作用が少ないという人のみ、次のような服用方法を試してみましょう。

服用量を増やす

日本人のカマグラゴールドの推奨服用量は25~50mgとなっています。
しかしカマグラゴールドの最大服用量は100mgであるため、効果が得られていないという人は100mgまで服用量を増やすことができます

25mg→50mg→75mg→100mgと段階を踏んで服用し、自分に合った服用量を見つけましょう。
効果を得られかつ副作用がないもしくは副作用が少ない、という量が最適な服用量です。
カマグラゴールドの100mgを購入し、ピルカッターで2分の1または4分の1にカットすると、量を調整しやすくなります。

ストレスをためない

EDの原因の1つとして、ストレスがあります。
ストレスがあると神経やホルモン分泌に影響を与えてしまい、性的な興奮や刺激を伝達しづらく勃起がしにくくなってしまいます

カマグラゴールドは、できるだけストレスフリー時に服用して性行為に挑むようにしましょう。

少量のお酒を服用する

カマグラゴールドは基本的にアルコールの影響を受けてしまいます。
しかしそれは多量に飲んだ場合であり、少量であればアルコールは勃起しやすい身体を作ってくれるのです。

アルコールには脳を麻痺させる作用があります。これをうまく利用し少量のアルコールを飲むことで、緊張状態を和らげカマグラゴールドが効きやすくなります

注意したいのが、カマグラゴールドは血管を拡張して血流をアップさせる作用があり、その分アルコールも回りやすくなっているため、普段よりもアルコールの量を減らす必要があるということ。

副作用を軽減しよう

服用の方法をきちんと守っていても、副作用が強く出てしまう場合があります。
そういった人は次の服用方法を試してみましょう。

服用量を減らす

カマグラゴールドは1日1回1錠で最大100mgまで服用が可能となっています。
100mgを超えて服用していないか確認しましょう。

もしくは今服用している量が適量ではないのかもしれません。
副作用が出るということは、効果が効きすぎているということです。
100mg→75mg→50mg→25mgと自分が今服用している量から減らしていきましょう。

食事をとる

カマグラゴールドは食事の影響を受けやすいですが、副作用が出てしまうという人は軽めの食事をして吸収されるカマグラゴールドの量を減らしましょう。

がっつりとした食事をしてしまうと、吸収されるカマグラゴールドが微々たるものになってしまうため、スープやうどんなどといった軽めの食事を少量とってください

頭痛薬・鼻炎薬を併用する

副作用の症状が頭痛や鼻づまりの場合は頭痛薬や鼻炎薬を併用しましょう。

カマグラゴールドと頭痛薬・鼻炎薬は作用の仕方が違うため、お互いの効果を打ち消し合うことはありません
効果が効き始めるまでの時間や効果の持続時間がカマグラゴールドと似ているため、同時の服用をオススメします。