カマグラゴールドの併用禁止薬と服用が危険な持病を知ろう

カマグラゴールドには併用禁止薬があることと、カマグラゴールドの服用で影響を及ぼす恐れのある持病があることを知っていますか。

知識なく薬を飲み合わせて危険な状態になったり、持病への影響を避けて安全にEDを治すためにも、事前に併用禁止薬とカマグラゴールドの服用で影響を受ける可能性のある持病について学びましょう。

併用禁止薬にはどんな薬がある?

カマグラゴールドには血行を良くする働きがあるので、心臓病や血圧の治療を服用している場合は必ず医師へ相談してください。

排尿障害の治療薬を服用中の場合は、高齢者や肝障害を患っている人同様に25mgなど少量から服用を始めることをおすすめします。

またニトロと呼ばれる硝酸剤(狭心症や心不全の治療薬)、アンカロン錠(不整脈の治療薬)などはカマグラゴールド服用時に併用してはいけません。

ニトロとの併用によって血圧を急激に下げたり、アンカロン錠との併用では相互的に副作用を強めてしまう危険性があります。

過去にはニトロと併用してしまい、血圧が急激に下がったことによる死亡例もあるとされています。

併用禁止薬には命の危険にさらされるほど、飲み合わせの悪い種類もあるため服用前にきちんと知っておくと安心です。

カマグラゴールドの服用を避けた方がいい持病とは

ハテナマークの映っている虫めがねが開かれた本の上にある
重い心臓病を患っていたり脳卒中の既往歴がある場合は、性行為自体が身体に負担を与えるため、カマグラゴールドの服用も適していないといえます。

血圧が極度に低かったり高血圧である人も血圧のコントロールができていない、という理由から血管に負担がかかるため服用はおすすめできません。

ほかにも重度の肝臓病や網膜色素変性症という目の網膜の病気などを患っている場合も症状の悪化につながる危険性があるため服用は避けてください。

これらは、カマグラゴールドの服用が症状に影響する可能性がある代表的な持病といえますが、効果とともに副作用も身体に起こる変化といえるので、他の持病へも影響する可能性はゼロとはいえません。

そのため、気になる症状が起こっていたり持病がある場合には、医師へ確認したうえで服用することで安全性は高まるでしょう。

安全にカマグラゴールドを服用するために

カマグラゴールドは病院では処方されておらず、個人輸入通販で買えるバイアグラジェネリックとして人気の高いED治療薬です。

しかし通販利用は全てが自己責任で、アレルギーなど持病があったり現在服用中の治療薬がある場合には、きちんと自分自身が服用しても問題ないか医師に確認することをおすすめします。

カマグラゴールドの服用はEDを改善しますが副作用によって、健康に影響を及ぼす可能性もあるので、治療を安全におこなうためにも併用禁止薬や服用するうえでの注意点は確認しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする