カマグラゴールドを飲んだ後の副作用に注意

カマグラゴールドでなくても、薬を服用した際に副作用で悩まされたことはありませんか。

ED治療薬を飲んだ後にも副作用は比較的起こりやすいとされていて、安全のためにもなるべく抑えたいものです。

ただでさえ辛いEDに加えて他の症状を引き起こすことが無いように、飲んだ後に起こる副作用の注意点を紹介します。

副作用を知る

EDの改善効果を得るために血行促進作用が働きますが、動悸や頻脈・鼻づまり・頬のほてり・頭痛など血流が影響する諸症状が起こりやすくなるのです。

また、めまいや目のかすみ・青っぽく見えたり青と緑の区別がつきにくくなるなど視覚異常のほかにも勃起状態が4時間以上も続く勃起持続症という重い副作用を引き起こす可能性があります。

カマグラゴールド服用後に引き起こされた副作用は通常、2~3時間もしくは薬の作用が切れる5時間程度では落ち着くことがほとんどですが、作用時間を超えても副作用が続く場合は早めに病院を受診してください。

引き起こされやすい副作用であっても時間が経つごとに副作用が悪化していくようであれば、無理に我慢することをせず早急に対処しましょう。

注意するべきこと

人差し指をたてて注意を促す男性
特に勃起持続症を発症して痛みを伴っている場合、最悪陰茎組織の損傷や壊死につながる危険性もあるので、勃起状態が長時間続くときは早急に病院を受診してください。

また効果を高めようと規定量を超える服用をする人もいますが、その場合効果は変わらず副作用だけ強める確率が高いのでやめましょう。

そしてカマグラゴールドを初めて服用する場合などは、50mgでも半分に割るなど少量から服用をはじめてください。

急に1錠服用すると、有効成分に身体が慣れていないせいで強い副作用を引き起こす可能性があるので避けることをおすすめします。

ほかにも併用禁止薬やカマグラゴールドの服用は控えた方が良い持病については、事前に知っておくようにしましょう。

副作用を最小限に抑えるために

カマグラゴールドを服用して、症状が改善されて勃起できても副作用が辛ければセックスが楽しめなくなってしまう場合もあるでしょう。

そんなことが無いためにも、カマグラゴールドの副作用を最小限に抑える方法を知っておく必要があります。

誤った知識をもって重い副作用を引き起こしてしまったり、余計に悪化させてしまうことが無いように、副作用について知ったうえで正しい服用方法も知っておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする